はるコスメ を貼ると しみが消えてゆきます

その機構は 紫外線の完全な遮蔽効果による   

しみは年齢を重ねてゆくとシミが出来ます。日が当たると、特に夏場には色が濃くなり、目立つようになります。それは紫外線によります。シミができやすいところは紫外線が当たると色素細胞が働き色素を合成し、茶色から赤茶色、さらに焦げ茶のように変わります。

先日ある方にお話を聞きました。 赤茶けたしみに貼るコスメを貼り続けていたら、シミがほとんど消えてしまったと写真を見せてもらいました。

少し原因を考えました。
日焼けは日が当たったところが均等に日焼けします。シミはなぜそこだけ色が濃くなるのでしょうか。
不思議ですね。きっとそこが以前に傷ついたことがあるか、色素細胞が何らかの理由で感受性が高くなって、紫外線が当たるとメラニン色素が沢山出来てしまうのです。

今はそのメラニンが出来るのを抑える化粧品や薬用の軟膏やクリームなどが沢山市場に出ていますが、意外と効果が出てこないと思っておられませんか。
VCやアルブチンなどが入っています。残念ながら効果が出るものは化粧品にはできないのです(薬事法上の制限があります)。

もう一つ、重要なポイントは僅かばかり効果があったとしても、日に当たっているので、紫外線でシミが出きて消える量より、新たに作られる量が多いから、一向にシミが消えてこないのです。

紫外線を完全にカット(遮蔽)出来れば、新たに紫外線は当たらないので、特別病的な幹部を除いて大部分はメラニン色素が産生されません。また、夏場に日焼けが出来ても秋から冬になると元のように日焼けは消えて行きます。つまり、メラニン色素は自然に体の中で分解され、色が薄くなるのです。
地の色までは薄くなり目立たなくなります。

下手に色抜きのような物質でシミや色素沈着部分を消そうとすると、色素がない部分も同じように色が抜けるので、却って目立ってしまうことになりかねません。

はるコスメ を貼るとなぜ しみが消えて行くのか  

その理由は 紫外線UVBを100%カットするからです。シミの出来る大部分は紫外線の短波長のエネルギーの高いつまり皮膚へのダメージが大きくなる波長域(UVB 315-280ナノメーター(nm))となります。250-260nmはDNAに突然変異をおこし、皮膚がんの原因にもなります。
フイルムに紫外線をカットする粒子をたくさん加え、紫外線の透過を防止します。
SPF25、50は UVBを4%、2%それぞれとうすところまで遮るというものですが。実際我々が日焼け止めなどを塗るとこ、この試験をしたときほどたくさん厚く塗っているのかどうか疑問です。

テープの場合は確実に厚みやその成分も調整しているので貼れば同じように紫外線を遮蔽します。

はるコスメは一般のウレタンテープとはフイルムや粘着剤の組成が異なります。はるコスメほどの効果は出ません。

しみでお悩みの方は  はるコスメ カバーテープ ビューティテープBを 使ってみてください。

店長  研究者 よりの報告

コメントを残す